究極の生前整理

私も還暦に近い年齢になりました。

この年齢になってくると、断捨離を含め、
「生前整理」「終活」ということを意識するようになります。

実際に断捨離をやってみたらわかると思いますけど、
「物」に対する執着を問われる繰り返しとなります。

今は使用していない物であっても、
また使用する機会があるかもしれないとか、
思い入れがある物だから捨てたくないとか、

判断を鈍らせる迷い、甘えなどがどうしても
出てきてしまいがちです。

しかし、よくよく冷静に考えてみると、
「物」を残してこの世を去ってしまうと、
それを整理する残された家族に迷惑をかけます。

そして、あの世に持っていける「物」(お金を含めて)は
何一つないと割り切ってしまえば、
もっと「生前整理」が進むはずなのですが…

末期がんなどのように重病を患い、余命宣告されない限り、
本気で「生前整理」を始めようとはしないと思います。

私たち人間の心は、もともと怠惰な傾向がありますので、
強制的に時間の期限を設けられないと、
つまり、お尻に火が着かないと本気になりません。

執着は何も「物」だけに限りません。
「生き続けたい」という「生」も本能であるとともに執着です。

ただし、私たちは「生」と言っても、
ほとんどが「肉体」への執着です。

つまり、「生」=「肉体」というのが、
当然のごとく解釈されているわけです。

しかし、おわかりだと思いますが、
「肉体」とて「物」と同じで、さらに「生物」ですから、
いつかは「死」を迎え、朽ち果てるものです。
もちろん、あの世には持っていけません。

どうしても、死期が近づくにつれ、
死への決意とか覚悟といったものが試されます。
それは“執着の放棄”ができるかどうかにかかってきます。

この“執着の放棄”は、よく勘違いされるのですが、
死期を悟っての“あきらめ”とは異なります。
それは亡くなるご本人しかわからないことですが、
“執着の放棄”は、何に執着を持っていたという
“自覚”がない限り、放棄へのプロセスをたどることはできません。

つまり、「生前整理」を本気で実行に移すのであれば、
元気でいるうちに“執着の放棄”を手掛けていき、
遅くとも死期を悟った時には、“完全なる自覚”が必要です。

この“完全なる自覚”とは、死後に「肉体」がなくなったとしても、
生命の本質である「魂」、つまり“意識”はなくならず、
永遠に生き続けるということを認識できたことなのです。

この一連の流れを誰でも理解できるようにサポートできる、
それが霊的真理、すなわちスピリチュアルの学びなのです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。
ご興味、ご関心を持たれましたら、
このブログの感想のコメントを一言でも頂けたら今後の励みになります。
どうぞよろしくお願い致します。

“明るく元気になり、心が晴れ楽になる人生を送りたい”、
そのための最善のお手伝いができるよう、
「嬉しい、楽しい」をモットーに
クライアント様が笑顔と安心感を引き出すため、
丁寧にサポートしていきます。

ご自身の『心の気づきのヒント』を見つけることに
完全に集中するスタイルですので、
心に関するご相談なら何でも承ります。

『嬉楽笑でココロ転換・癒しのカウンセリング』に関する
お問い合わせ、ご相談は、下記のリンクからお願い致します。
     ↓
https://hikariari.com/contact-2/

また、メールでもお受け致します。
    ↓
e-mail:info@hikariari.com

内容をご確認後、折り返しご連絡させて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください