「結果」や「答え」を先に求める怖さ PART2

前回ブログに出てきました、手早く簡単にという意味合いの
『クィック&イージー思想』についてですが、
どうしても書いた内容からマイナスのイメージを
受けてしまうかもしれません。

しかし、その対象によって、また状況や環境によっても異なるので、

「こんな場合はこうするとか」、

「あのようなことにはこうするとか」、

というように、固定した感じで捉えない方がいいと思います。

つまり、状況に応じて、プロセスに重きを置いたアナログ思考と、
時間、場所などの制約があるならばデジタル思考、
すなわち『クィック&イージー思想』という具合に
取り入れていく判断も必要ということを言いたいのです。

よりわかりやすく言うならば、“状況を的確に判断しながら、
臨機応変、柔軟に行動に移していく”
ということになります。

それぞれの人によって違うのは当然ですが、
同じ人であっても、その日の気分によってとか、
体調の良し悪しによってとか、
また入ってくる情報の質や量によってとか、

さまざまな要因の影響を受けて変化し続けていきます。

だから、本人にしかわからない精妙な感覚を頼りに
自らの判断で識別していかなければなりません。

その識別でポイントとなるのが、

“バランス”“波動の状態”です。

思考や行動を独自の価値観決めつけたり固定化するのではなく、
客観視してより高く広く深い視点に立って観ることにより、
全体(世界もしくは地球)とのバランスの必要性がわかってきます。

その時の自分の波動の状態に見合う、
どのような選択をしていくのがベストなのか、
後ろを振り返らず、自分の進むべき道が
自ずと目の前に示され続けていることが
必ずわかるようになってきます。

同時に「結果」や「答え」を先に求めようとする、
つまり、有形、無形を問わず欲しい物を手に入れようとする
“執着”の一側面とも言え、意味がないばかりか、
無駄なアガキや労力であるということも、
いずれ自然な流れで理解できるようになります。

そして次第に身体の五官(五感)で感じられるモノだけでなく、
感じられないモノなど、とても精妙な領域の感覚とつながっていき
独自の、つまり、“オリジナルの識別心”が養われていきます。

その“オリジナルの識別心”こそが、
人生の本当の目的、つまり“魂の設定”を識るための
最も重要なツールとなります。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。
ご興味、ご関心を持たれましたら、
このブログの感想のコメントを一言でも頂けたら今後の励みになります。
どうぞよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください